米国の海洋科学掘削の継続に関する嘆願書(Petition)について

2050 Science Frameworkの代表編者であり、US-SODA のChairでもある Anthony Koppers氏から、海洋掘削科学コミュニティにこちらのメールが送付されました。
米国の海洋科学掘削が大きな岐路に立っています。長文ですが、メールにある現状をご一読の上、可能でしたら 1. Petitision(嘆願書)への署名にご協力ください。

署名の方法;
こちらにアクセスの上、必要項目を入力するのみです。1分もかかりません。
締切は7月1日です。

嘆願の内容は、JOIDES Resolutionの運航を2024年10月以降2028年まで延長することと、NSFがUS global-ranging riserless drilling vesselをリースまたは建造することです。

Anthony Koppers氏のメールは、海洋掘削科学に関わる各方面に回覧して結構とのことです。

どうぞよろしくお願いいたします。

J-DESC総合事務局

カテゴリー: IODP, J-DESC, News パーマリンク

コメントは受け付けていません。