プロポーザル支援

ICDPへの掘削提案に関するサポート

ICDP部会執行委員会では、ICDPプロポーザル締切(毎年1月15日)に先駆け、国内 からの掘削提案を受け付け、これらを査読・検討することによって、より良いICDPプロポーザルとなるよう、提案者へのアドバイスを行っています。(〆切:毎年11月15日)
詳しくは、こちら(※「ICDPに科学掘削を提案するには」のタブ)をご覧ください。

 

IODPへの掘削提案に関するサポート

IODP部会の科学推進専門部会では、IODP掘削提案に関する各種サポートを実施しています。プロポーザルの提出を検討される際は、お気軽に以下問合せ先までご相談ください。

 

プロポーザル作成支援:j-watch について

科学推進専門部会では、日本発のIODP掘削提案を支援する取り組みとして j-watch 体制を導入しておりましたが、2020年より j-watch の支援内容を変更しました。新制度の概要は以下の通りです。

  • IODP掘削提案者は、掘削書提出締切(毎年4/1と10/1の2回)に先立って提案書のドラフトをJ-DESCに提出し、アドバイスを受けることができる。
  • 科学推進専門部会は、提出された提案書のテーマに応じてアドバイザー(j-watch)を2名程度割り当てる。
  • j-watchはScience Evaluation Panel (SEP) 経験者、または科学推進専門部会経験者等から人選する。
  • j-watchは提案書のドラフトを査読してコメント・助言を書面で報告する。
  • 提案者はj-watchのコメントを受けて修正ののち提案書を提出する。
  • j-watchはSEPの審査過程(Pre, Full, Revise)を通じて、継続して助言を行う。

IODPプロポーザル提出前アドバイスのご案内(2022年10月3日提出締切分)

2022年10月3日の締切に向け、IODP掘削提案書の提出の準備をされている方は、以下の要領で、j-watchによるアドバイスを受けることができますので、ぜひご利用ください。利用を希望される方は、ドラフト原稿の提出前に事前登録のご連絡をお願いします。

事前登録受付期間:2022年9月1日まで

  • 登録方法:emailにて下記内容(書式なし)を連絡
  • 事前登録内容:全プロポーネントの氏名・所属、提案タイトル、提案種別(Pre, Full, Full2, APL等)提案概要(5行程度)

プロポーザル提出期間:2022年9月11日まで

  • 提出方法:email添付、またはファイル転送サービス等
  • 査読時期:受領後、随時開始します
  • コメントの返送:9月24日頃まで
  • Email送付先:J-DESCサポートオフィス
事前調査データ取得支援

IODP掘削プロポーザルが国際的に高い評価を得られるためには、質の高いサイエンスが求められる事はもちろん、プロポーザルで提案する掘削地点を評価するのに必要な、高品質なサイトサーベイ(事前調査)データの提示が不可欠となります。

J-DESCの科学推進専門部会では、掘削プロポーザルに必要なサイトサーベイ(事前調査)データの評価・選定とその取得について、プロポーザル提出・未提出(準備中)を問わず支援を行っております。

サイトサーベイ(事前調査)データの取得方法は主に下記のとおりです。

1) 既存データの利用:
研究機関等では既存データを公開しているデータベースサイトがあります。これらを通じて既存データを利用することが可能です。下記にいくつかの例を示します。
また、IODP航海のデータは、プラットフォームごとに公開されています。

***お知らせ***
※2021年8月17日現在、海洋研究開発機構のデータベースは3月18日付プレスリリースで既報の
情報セキュリティインシデントへの対応により、一部、公開を停止しております。
ご利用の皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

 

IODP航海のデータ
JOIDES Resolution号(米:JRSO):  https://web.iodp.tamu.edu/OVERVIEW/
地球深部探査船「ちきゅう」(日:JAMSTEC MarE3): https://www.jamstec.go.jp/sio7/
特定任務掘削船(欧州:ESO): https://iodp.pangaea.de
Downhole logging data: https://mlp.ldeo.columbia.edu/data

 

2) 研究船白鳳丸・新青丸・よこすか共同利用:

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が運用する研究船「白鳳丸」、「新青丸」、「よこすか」は、東京大学大気海洋研究所にて、共同利用のための申請を受け付けています。これらを通じて新たにサイトサーベイ(事前調査)データを取得することが可能です。詳細は下記の共同利用のウェブサイトをご覧ください。
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp/coop/

 

WS支援
  • 掘削提案(プロポーザル)作成のためのワークショップ等の開催や参加については、JAMSTECの支援制度がございます。こちらをご覧ください。

お問い合わせ

J-DESCサポートオフィス
海洋研究開発機構 横須賀本部内
E-mail:

コメントは受け付けていません。