Exp. 397: Iberian Margin Paleoclimate 乗船者募集期間再延長

乗船者募集期間を再延長しました(2021年11月23日〆切)→締め切りました。
募集情報をご確認の上、応募フォームよりご応募ください。

 

航海概要

航海名

Expedition 397: Iberian Margin Paleoclimate

  • Call for Applications(wordファイル)
  • プロポーザル 771-Full2, 771-Add and 771-Add2
  • Scientific Prospectus

JRSOのページ >> こちら

航海予定期間

2022年10月6日~12月6日

掘削船

JOIDES Resolution

乗船/下船地

Lisbon, Portugal to Tarragona, Spain

掘削地点

科学目的

スペインのイベリア半島西岸沖は後期更新世の厚い堆積物に覆われ、極域氷床-海洋-陸域の対比も可能な気候変動の連続記録を得られる世界でも数少ない海域です。Exp. 339 では1.43Maまでの半遠洋性堆積物が回収されましたが、Exp. 397ではこの連続記録を鮮新世まで拡張し、5地点での水深トランセクト掘削によって北大西洋の水塊変動を明らかにします。

The Iberian Margin has rapidly accumulating sediment that contains a high-fidelity late Pleistocene record of millennial climate variability (MCV). Sir Nickolas Shackleton demonstrated that piston cores from this region can be correlated precisely to polar ice cores from both hemispheres. Moreover, the narrow continental shelf off Portugal results in the rapid delivery of terrestrial material to the deep-sea environment, thereby allowing correlation of marine and ice core records to European terrestrial sequences. Few places exist in the world where such detailed marine-ice-terrestrial linkages are possible. The continuity, high sedimentation rates, and fidelity of climate signals preserved in sediments make this region a prime target for ocean drilling. During IODP Expedition 339, Site U1385 was drilled and recovered a complete record of hemipelagic sedimentation for the last 1.43 Ma with a mean sedimentation rate of 11 cm/kyr. IODP Expedition 397 will extend this remarkable sediment archive through the Pliocene and recover a complete depth transect of five sites that will provide a complete suite of downhole records with which to study past variability in the major subsurface water masses of the North Atlantic.

詳細については、Call for Applications (wordファイル)JRSOのページをご参照ください。

共同首席研究者

Prof. David Hodell and TBD

J-DESCからの乗船研究者

乗船者募集中

オンライン説明会

本航海の科学目的や船上生活等について、下記のようにオンライン説明会(Webinar)が開催されました。==> こちらから、ご登録後、録画をご覧いただけます。資料はこちらです。

To learn more about the scientific objectives of Expedition 397, life at sea, and how to apply to sail, please join us for a web-based seminar on Tuesday, October 19, 2021 at 2:00 pm EDT (1pm CDT / 7pm BST).

募集情報

募集分野

募集分野に制限はありません。

WHO SHOULD APPLY: We encourage applications from all qualified scientists. The JOIDES Resolution Science Operator (JRSO) is committed to a policy of broad participation and inclusion, and to providing a safe, productive, and welcoming environment for all program participants. Opportunities exist for researchers (including graduate students) in all shipboard specialties, including micropaleontologists, sedimentologists, volcanologists, petrologists, igneous geochemists, inorganic and organic geochemists, microbiologists, paleomagnetists, physical properties specialists, and borehole geophysicists. Good working knowledge of the English language is required.”
※詳細については Call for Applications(word ファイル) をご参照ください。

募集締切

2021年11月1日(月)==> 11月23日(火)に延長します!==>締め切りました

応募方法

応募フォームのタブからご応募ください。記入は全て英語でお願いいたします。

応募には全員英文CVの提出が必須となります。大学院生の場合は指導教員の推薦書が必要となります。
修士課程の大学院生の応募は可能ですが、乗船時点で修士在学中の場合は指導者(指導教員もしくは代理となる者)と共に乗船することが条件となります。

COVID-19の影響について

COVID-19に関しては,JRSOの指示にしたがってください。

The COVID-19 protocol is available here.

乗船に関わるサポート情報

乗船研究者としてJRSOから招聘される方には乗船前から乗船後に至る過程の数年間に様々なサポートを行っています。主な項目は以下の通りです。

1. プレクルーズトレーニング:乗船前の戦略会議やスキルアップトレーニング
2. 乗船旅費:乗下船に関わる旅費支援
3. アフタークルーズワーク:モラトリアム期間中の分析
4. 乗船後研究:下船後最長3年で行う研究の研究費

乗船の手引き(乗船前準備や船上作業・生活方法に関する経験者からのアドバイス集)>>こちら

注:情報が古いため改訂版作成中。

応募フォーム

応募は締め切りました。(2021/11/24)
以下の応募フォームからご応募ください。記入は全て英語でお願いいたします。

お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横須賀本部内
E-mail: infoの後に@j-desc.org

カテゴリー: IODP, IODP Expedition パーマリンク

コメントは受け付けていません。