コアスクール(2023年3月予定)

概要

日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)では、地球掘削科学における研究手法や計測技術の普及・レベルアップ、人材育成・裾野の拡大、会員機関の相互交流などの観点からJ-DESCコアスクールを2007年度より開催しています。J-DESCコアスクールには、コア解析に必要な基礎的なスキルを習得するためのコースから、より応用的・専門的なスキルを習得するためのコースまで、様々なものがあります。各コースの詳細については下記をご参照ください。

各コース開催のご案内につきましては、IODP・ICDPメーリングリストやホームページ上でのご案内を予定しております。なお、J-DESC会員機関からご参加いただく学生・大学院生の方には、参加旅費として最大1万円の補助を行っています。

なお、コアスクール終了後、受講者には各コースの修了証(受講証明書)を発行いたします。

現在参加者募集中のコース

募集開始:
コア同位体分析コース 2022年12月6日 ~

コア解析基礎コース

掘削船や研究船およびコア解析の現場などで行われているコア試料の肉眼岩相記載の方法、スミアスライド作成・観察法、非破壊計測法などは、これまでの大学カリキュラムでは体系的にレクチャーする機会はほとんどありません。
コア解析基礎コースは、堆積物コアを用いた研究をスタートさせる際に必須であるこれらの観察・計測法の概要やノウハウなどを、船上や陸上施設などの様々な研究現場で豊富な経験をもつ講師陣が実践的に解説する実習型コースです。

日程:毎年3月頃 4日間 →2022年は8月16日~19日に実施しました。
場所:高知コアセンター(KCC)
共催:高知大学海洋コア総合研究センター、海洋研究開発機構高知コア研究所、産業技術総合研究所地質調査総合センター(予定)
協力:株式会社マリン・ワーク・ジャパン
詳細案内

コア同位体分析コース

地球化学試料の各種同位体組成は、その形成環境・形成過程や構成する物質の起源などによって変動することから、環境解析や年代決定などに広く用いられています。しかし実際に利用するには、教科書的な知識に加えて、分析テクニックを学びノウハウを習得することが必要となります。
コア同位体分析コースは、4月進学予定を含む大学院生以上を対象とした、コア解析のための応用的・専門的なスキルを学ぶためのコースです。

日程:毎年3月頃 3日間
場所:高知コアセンター(KCC)
共催:高知コアセンター
協力:株式会社マリン・ワーク・ジャパン
詳細案内

カテゴリー: Event, J-DESC パーマリンク

コメントは受け付けていません。