ICDP掘削提案促進ワークショップ 「新たな掘削提案の展望-陸上から海洋まで-」

ICDP掘削提案促進ワークショップ  「新たな掘削提案の展望ー陸上から海洋までー」

開催趣旨

ICDPでは、2030年まで有効な新しい科学計画がほぼ決定され、日本のICDP参加も2022年春まで継続することが決まっています。今後も日本がICDPの主要な加盟国として積極的に科学掘削計画を提案・実現し、国際的な協力の基に地球掘削科学の進展に貢献することが期待されています。また近年ICDPとIODPとの連携が強化され、”Land to Sea”という陸と海を繋ぐ掘削プロジェクトの提案が推奨されています。

このワークショップでは、来年1月15日のICDP提案書〆切に向け、日本として重要な提案を予定している科学掘削計画について、課題を整理し、より良い提案書となるよう支援することを目的とします。あわせて、将来の科学掘削を考えている方々にアイデアを紹介していただき、その科学の面白さを共有するとともに、掘削の実現を目指して助言します。

日程

2020年11月5日(木)-6日(金)両日とも09:00-12:00

会場

オンライン開催

※参加登録者に後日URLをお送りします。

主催

日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)

*本ワークショップは海洋研究開発機構のIODP・ICDP関連ワークショップ等支援事業 [開催費支援] の支援を受けています。

世話人

藤原治(産業技術総合研究所)、小村健太朗(防災科学技術研究所)、大坪誠(産業技術総合研究所)、掛川武(東北大学)、清川昌一(九州大学)、黒田潤一郎(東京大学)、諸野祐樹(海洋研究開発機構)、山田泰広(海洋研究開発機構)

新着情報

*参加登録の受け付けを開始しました!(締切10/20→11/4)

*ミニセッションで取り上げる新規掘削アイデアの募集を開始しました!(締切10/20→募集は終了しました)

 

開催趣旨

開催趣旨

ICDPでは、2030年まで有効な新しい科学計画がほぼ決定され、日本のICDP参加も2022年春まで継続することが決まっています。今後も日本がICDPの主要な加盟国として積極的に科学掘削計画を提案・実現し、国際的な協力の基に地球掘削科学の進展に貢献することが期待されています。また近年ICDPとIODPとの連携が強化され、”Land to Sea”という陸と海を繋ぐ掘削プロジェクトの提案が推奨されています。

このワークショップでは、来年1月15日のICDP提案書〆切に向け、日本として重要な提案を予定している科学掘削計画について、課題を整理し、より良い提案書となるよう支援することを目的とします。あわせて、将来の科学掘削を考えている方々にアイデアを紹介していただき、その科学の面白さを共有するとともに、掘削の実現を目指して助言します。

参照リンク

ICDPの概要について
ICDP掘削プロポーザルについて
ICDP掘削提案について(ICDPウェブサイトへ飛びます)
IODP website – Submitting Proposals(10/1よりガイドラインが新しくなりました)

 

プログラム

プログラム(10/14版)

Day 1     11月5日(木) 09:00-12:00

イントロダクション・現状に関する情報共有
9:00-9:10 趣旨説明 小村健太朗
9:10-9:20 ICDP Science Plan 2020-2030 概要説明 山田泰広
9:20-9:30 (Post-IODP) 2050 Science Framework 概要説明 黒田潤一郎・諸野祐樹
9:30-10:30 掘削プロジェクト成功事例紹介/SAGの視点から 井龍康文・掛川武・高澤栄一・浅沼宏
10:30-10:35 J-DESCほか各種の支援策紹介 斎藤実篤・J-DESC事務局
検討中のプロポーザル紹介 (1)
10:35-11:15 鬼界カルデラ掘削プロジェクトの現状と将来構想 金子克哉・清杉孝司・中岡礼奈
(座長:清川昌一・斎藤実篤)
11:15-11:45 Scientific Exploration Of Induced SeisMicity And Stress (SEISMS) James Mori
(座長:小村健太朗)
総合討論 (1)
11:45-12:00 総合討論 (座長:藤原治)

Day 2     11月6日(金) 09:00-12:00

検討中のプロポーザル紹介 (2)
9:00-9:40 New Caledonia Peridotite Amphibious Drilling 鈴木志野・高澤栄一
(座長:山田泰広)
9:40-10:10 琵琶湖掘削 中川毅
(座長:小村健太朗)
10:10-10:40 Sensitivity of the West Antarctic Ice Sheet to 2 Degrees Celsius (SWAIS 2C) 菅沼悠介
(座長:掛川武)
新規アイデア紹介
10:40-11:40 新規アイデア募集にご提案いただいたアイデアの紹介(1人 10分程度) (座長:掛川武)
総合討論 (2)
11:40-12:00 総合討論 (座長:藤原治・小村健太朗)

※本プログラムは暫定であり変更の可能性があります

 

参加方法

参加方法

参加費     無料

参加方法

以下のオンラインフォームから事前登録をお願いします。

事前登録〆切:2020年10月20日(火)24時 11月4日(水)15時

人数把握のため一旦登録を締め切りましたが、引き続きこのWEBフォームで前日15時まで参加登録可能です。

※参加登録者には後日URLをお送りします。

新規アイデア募集

このワークショップでは、「こんな場所を掘ってみたら面白い」「こういう課題は掘削で解決できるのでは」といった新しいアイディアを披露するミニセッションを設けます。科学掘削未経験の学生・若手の方、掘削提案を考えている若手~中堅の研究者の方、こんな研究を誰かやってみない?という経験者の方など、だれでも歓迎です。科学掘削によって解き明かしたい地球生命科学の謎やアイデアをお持ちの方はぜひご提案してください。

応募〆切:2020年10月20日(火)24時 ※締め切りました

カテゴリー: Event, ICDP, J-DESC, ワークショップ・シンポジウム パーマリンク

コメントは受け付けていません。