日本独自の支援制度

J-DESC枠にて乗船(MSPの場合はOnshore Science Partyに参加)する研究者に対しては、日本独自の支援制度として、プレクルーズトレーニングおよびアフタークルーズワークがあります。いずれも実施希望者からの申請が必要です。


プレクルーズトレーニング

概要

プレクルーズトレーニングは、日本のIODP活動を高める事を目的として、研究者間で航海の目的・戦略・義務等について議論及び技術訓練を行う航海事前技術講習・会合です。J-DESCでは、JAMSTECと連携し、この会合に参加するための旅費を支援しています(原則1回限り)。
当支援の対象は乗船研究者(MSPの場合はOnshore Science Party参加者)のみです。開催場所は国内に限り,旅費以外の費用についての支援はありません。
開催の有無及び内容等については各航海の乗船研究者でご検討ください。また会合の内容は各航海によって異なる為、開催場所、期間、内容については乗船研究者間でご相談頂き、代表者から申請書をご提出下さい。
高知コアセンター(KCC)にて実施をご希望される場合は、日程などの決定にあたり事前にKCCの担当者と調整いただく必要がございますので、申請書提出前にJ-DESCサポートオフィス(infoの後に@j-desc.org)までご一報ください。また、KCCでは保管されているコアの観察を行うことが可能ですが、別途IODPに対してサンプルリクエストを行う必要があります(サンプルリクエスト:http://www.iodp.org/access-data-and-samples

様式

申請書(様式4)※実施の2ヶ月前までに提出
報告書(様式5)※終了後2週間以内に提出

提出・問い合わせ先

J-DESCサポートオフィス
海洋研究開発機構 地球深部探査センター(CDEX)内
infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5295


アフタークルーズワーク

概要

アフタークルーズワーク(ACW)とは、IODP研究航海(MSPの場合Onshore Science Party)中に完了しなかった分析作業や航海後に必要となった分析作業、航海後に実施することをあらかじめ計画している分析作業を指します。実施に当 たっては下記の条件を満たし、掘削航海専門部会で認められた場合に、旅費等の支援を行っております。なお、機器使用料・消耗品費等の支援は行っていませ ん。

  1. J-DESC枠のIODP研究航海乗船研究者(MSPの場合はOnshore Science Party参加者)であること
  2. 航海後のモラトリアム期間内であること
  3. 取得しようとするデータが乗船研究者全体で使用されるものであること(個人研究は認められない)
  4. 乗船した航海で取得したコア試料・計測データを用いた分析・解析作業であること
  5. 作業を行う場所は、高知コアセンター(KCC)等の国内に所在する施設であること

ACWをKCCで実施する方は旅費支援に加え、以下の支援が受けられます。

  1. 施設使用日程、支援計画調整に関する支援(KCC-ACW事務局)
  2. KCCの分析機器の使用>>別表(PDF)
  3. 分析作業に関する支援(KCCスタッフ)

※KCCを利用する方は、高知コアセンター分析機器等の利用ガイド(PDF)をよくお読みください。
※KCCでのACW支援に関する詳細は、 KCC-ACW事務局(E-mail: kcc_acwのあとに@kochi-core.jp)までお問い合わせください。

様式

申請書
ACW実施申請書(様式6)※実施の2ヶ月前までに提出
KCC分析機器等使用申込書(様式7)※実施の2ヶ月前までに提出(KCCを利用しない場合不要)
報告書(様式8)※終了後、2週間以内に提出

提出・問い合わせ先

J-DESCサポートオフィス
海洋研究開発機構 地球深部探査センター(CDEX)内
infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5295

Comments are closed.