Exp. 348 NanTroSEIZE Stage 3 Plate Boundary Deep Riser-3

航海概要

航海概要

テーマ

NanTroSEIZE Plate Boundary Deep Riser-3

(ISPでのテーマカテゴリー:Solid Earth Cycles and Geodynamics)

Exp. 348 Fact Sheet>>ダウンロード
Call for Application>>ダウンロード
Scientific Prospectus>>Coming soon

航海期間

2013年9月13日~2014年1月20日(変更になりました>>Exp. 348スケジュール変更について

掘削船

地球深部探査船「ちきゅう」(CDEX)

掘削地点

掘削地点はC0002(緑のひし形)

掘削地点の断面図とこれまでに掘削した孔

 航海概要

本航海では、C0002F孔(現在の掘削深度:海底下約2000m)をライザー 掘削により海底下3600m (または4400m)まで掘進し、ケーシングパイプの設置を行います。LWD、カッティングスの回収・分析、そして海底下2000m以深でのコアリングを 実施する予定です。

詳細はExp. 348 Fact Sheet>>ダウンロード
CDEXのページ>>こちら

乗船研究者

共同首席研究者:Demian Saffer (Pennsylvania State University), Harold Tobin (University of Wisconsin), 廣瀬丈洋(JAMSTEC高知コア研究所)

J-DESC枠乗船研究者
氏名 所属 役職 乗船中の役割
廣瀬丈洋 JAMSTEC 主任研究員 Co-chief Scientist
大坪 誠 産業技術総合研究所 主任研究員 Structural Geologist
北島弘子 産業技術総合研究所 研究員 Physical Properties specialist
北村真奈美 広島大学 大学院生(博士課程) Physical Properties specialist
福地里奈 東京大学 研究生 Sedimentologist
淵田茂司 大阪市立大学 大学院生(博士課程) Mud-Gas Chemistry specialist
山本由弦 JAMSTEC 研究員 Structural Geologist
Emilie Even 大阪市立大学 大学院生(博士課程) Geochemist

報告書類

航海関連報告・情報

プレクルーズトレーニング

日程:2013/10/8-9
場所:高知コアセンター
報告書>>こちら

1st Post Expedition Meeting

日程:2014/8/11-15
場所:テキサスA&M大学
出張者:廣瀬丈洋,山本由弦(JAMSTEC)
報告書>>こちら(2014/8/25Up)

関連ページ

>>Exp. 338(実施機関のCDEXのページが開きます)
>>NanTroSEIZE(CDEXのページが開きます)

乗船者追加募集(〆切ました)

乗船者追加募集

GeneusPlug contingency operationに参加する乗船研究者を募集します。

乗船期間はまだ決まっていません。航海が終了する1/20までの間に,乗船の1か月~2週間前にCDEXより連絡がある見込みです。
募集及びGeneusPlug contingency operationの詳細>>こちら

募集分野

地球化学者,微生物学者,孔内観測スペシャリスト

募集〆切

10/25(金)17:00

終了しました

応募する>>こちら

その他・注意事項

乗船旅費について>>こちら(乗船が決まった方は様式に記入の上お送りください)
乗船研究者のためのガイドライン>>こちら
※応募する方は全員英文CV、さらに在学中の場合は指導教員の推薦書が必要となります。
※修士課程の大学院生の場合は乗船中の指導者(指導教員もしくは代理となる者)が必要です。

募集要項

募集〆切
4/8(月)17:00
終了しました
応募する>>こちら
その他・注意事項

乗船旅費について>>こちら(乗船が決まった方は様式に記入の上お送りください)
乗船研究者のためのガイドライン>>こちら

※応募する方は全員英文CV、さらに在学中の場合は指導教員の推薦書が必要となります。
※修士課程の大学院生の場合は乗船中の指導者(指導教員もしくは代理となる者)が必要です。

乗船に関わるサポートについて

乗船研究者としてIOから招聘される方には乗船前から乗船後に至る過程の数年間に様々なサポートを行っています。主な項目は以下の通りです。

  1. プレクルーズトレーニング:乗船前の戦略会議やスキルアップトレーニング
  2. 乗船旅費:乗下船に関わる旅費支援
  3. アフタークルーズワーク:モラトリアム期間中の分析
  4. 乗船後研究:下船後最長3年で行う研究の研究費
お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 地球深部探査センター内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

成果一覧

成果一覧はこちら

※IODP研究成果の取りまとめは、研究航海乗船者に対するサポートを継続していくために非常に重要なものです。成果については、主に日本(J-DESC枠)から乗船した方が含まれる論文をまとめております。新たに論文等を出された場合や資料中の過不足・お気づきの点などがございましたら以下まで情報をお寄せください。

参考:IODP Publications
http://publications.iodp.org/

参考:Scientific Ocean Drilling Bibliographic Database
http://iodp.americangeosciences.org/vufind/

お問い合わせ

J-DESCサポート
海洋研究開発機構 横浜研究所内
E-mail: infoの後に@j-desc.org
Tel: 045-778-5703

Comments are closed.